入れ歯

基本的には、保険内の部分義歯というのは、クラスプと呼ばれる金属の付いたものになります。
これは、残っている両側の歯もしくは片側の歯にこのクラスプを引っかけて固定するだけという部分入れ歯の種類の中でも昔から用いられる一番シンプルな技術を用いたものになります。
そしてプラスチック製と決められているので、きちんと合わない場合、歯ぐきなどにあたり痛かったり腫れたりといった不快なものとなります。
それに加え、作成後6ヶ月間は保険での作り直しができないことも知っておかなければなりません。
最初につくる時に失敗すれば、6ヶ月はその不快なままで過ごさなければならなくなります。

 保険適用によるメリットとデメリット

メリット ・安価  ・完成までの工数が比較的短い  ・破損してしまった場合、修理が比較的簡単
などが挙げられますが、デメリットも多く存在します。
デメリット ・義歯床の厚み
今まで入れ歯を使用したことが無い人は特に厚みに対して違和感を抱くと言われています。 この厚みによって、話しづらい、食べ辛い、熱を感じにくい、味覚を感じにくいなど弊害もでてくる人もいます。

・金具が目立つ
部分入れ歯の場合金属製のクラスプですので、場所によってはとても目立つようになってしまいます。 (ブリッジの金具も同様です。) また、口腔内にバネなどが存在することで異物感を感じる人もいます。

・壊れやすい
素材がレジン(プラスチック)製のため、落下の衝撃で破損してしまう、変形しやすいなどといった面もあります。

保険適用外の入れ歯

全額自費での治療となるので、金銭面での負担は大きくなりますが、自分の口に合わない保険適用の入れ歯を我慢して使い続けると、歯茎はもちろん、精神的にもストレスが溜まる原因となります。
入れ歯の悩みは食事などの様々な生活に大きな悪影響を及ぼしますので、金額だけではなく、総合的に考えて、どの入れ歯を選ぶのかお決めください。

ウェルデンツ

できる限り残った歯を削らず、歯を大切にする発想から生まれた取り外しが自由にできる、特殊樹脂を用いた衛生的な入れ歯です。
ウェルデンツなら、着脱可能なブリッジやクラウンもつくることができます。
また、ウェルデンツは歯の数が少ない方にも、前歯・奥歯を問わず適用できます。
非常に優れたメリットを持つウェルデンツですが、「摩耗しやすい」という性質があります。1~3年を目安に、つくりかえることをおすすめします。

ウェルデンツの特徴

薄くて軽いのに丈夫

通常の入れ歯の材料は、硬いのですが曲げる力や衝撃には弱く、長く使うと経年変化や噛み合わせの力で入れ歯が割れることが多々ありました。
しかしウェルデンツは、ポリプロピレンが強い噛み合わせの力や衝撃にも耐える強さがあるため、割れることが入れ歯よりも格段に少なくなりました。

た。

人口の歯茎が不要

通常の入れ歯は、バネによる歯との密着度が弱いため、噛んだ時の安定感を補う目的で人口の歯茎を付けていました。
しかしウェルデンツは、バネによる歯との密着度が高いので、人工の歯茎を付けなくても噛んだ時に安定させることが可能になりました。

長期間使用しても臭いません

通常の入れ歯の材料は、着色や臭いが水分とともに入れ歯に付着し、見栄えが悪くなったり、口臭の原因になることがありました。
しかし、ウェルデンツは、水分をほとんど吸収しないため、それらの問題が起こりにくくなりました。

スマイルデンチャー

弾力性に富むナイロン樹脂で作られた審美入れ歯。
ひねってもねじっても割れないこの弾性が、スマイルデンチャーに特別な性質を付加させています。
つまり、入れ歯を薄く作っても割れずに安心。自然な美しさを口元に再現いたします。
初めて入れ歯をする方やインプラントをしたいが手術が不安・・・費用の面で見た目の良い入れ歯を使いたい方などのお悩みをお持ちの方におすすめしています。
また、スマイルデンチャーは保険適用の入れ歯(部分入れ歯)の約2分の1の軽さで、かつ耐衝撃性は15倍なので、落としても割れないという特徴を持っています。口元を綺麗にみせる審美入れ歯スマイルデンチャーは、特に、見た目を気にされる美意識の高い方に、大変喜ばれています。

スマイルデンチャーの特徴

スマイルデンチャーの特徴1
スマイルデンチャーの特徴2
高い実績

スマイルデンチャーは、取り扱う歯科医院が多く、日本で最も普及しているノンクラスプデンチャーです。
これまでに10万以上を作製しています。

柔らかく装着感に優れ、壊れにくい

エステショットに使用されている材料「ポリエステル樹脂」、ジェットカーボ義歯などに使用されている材料「ポリカーボネート樹脂」に比べると、 スマイルデンチャーに使用されている材料「ポリアミド樹脂(ナイロン)」は、柔らかい特徴をもちます。
柔らかいため、痛みが出にくく、装着感に優れます。落としたり踏みつけても壊れにくい、割れにくいといった特徴もあります。

種類が多い

他のノンクラスプデンチャーに比べると種類が多く、金属、磁石、シリコンを使用したもの、大きな入れ歯に対応できるように硬めの材料でできたものがあります。