根の治療とは

主に虫歯などで神経が腐ってしまったり、以前に受けた治療が不完全だったことにより、細菌が

繁殖し膿んでしまっている歯の治療のことを、根の治療(根管治療)といいます。

歯の根は建物の基礎に例えられるほど、身体の中でも重要な役割を担う大事な部分です。

長らく治療せず放っておくと、抜歯する必要があり歯を失うことになります。

根の治療が必要になるケース

・虫歯のまま治療せず、長期間放っておいてしまう。

・本当は通院を続ける予定だったが、忙しかったり、めんどくさくなり最後まで治療を受けなかった。

など

歯

大まかな治療の流れ

歯根の先に溜まった膿

虫歯をとって神経を露出させます。

汚染された組織を除去

ニッケルチタンファイルを使用し、汚染された神経組織を除去します。

消毒薬を入れ蓋をする

専用の薬剤で洗浄・消毒します。

消毒が終わったら充填剤を入れて密封

充填剤で蓋をします。

土台となるコアを入れる

被せ物をするための土台を作ります。

冠を被せる

被せ物をし、終了です。